外資系転職先を自力で探す際にかかる時間

外資系企業の勤務経験がない人は3か月以上掛かることもある

外資系企業の勤務経験がない人が自力で転職先を探すには、3か月を超える期間が掛かることがあるため、しっかりと転職活動の計画を立てることが重要となります。例えば、外資系企業の転職セミナーに参加をしたり、転職支援サイトを利用したりしたい場合には、在職中に自分に合った転職活動の方法を見つけることがポイントです。最近では、外資系企業の未経験者をターゲットとした求人媒体が続々と登場しており、転職活動の合間を縫って色々な情報をキャッチすることがおすすめです。また、少しでも転職活動の期間を短くしたい場合には、選考の際に自分の得意な分野を積極的にアピールしたり、転職時に役立つ資格取得を目指したりすることが大事です。

実務経験が豊富な人は1か月以内に内定が決まることもある

外資系企業で営業や総務、経理など専門的な業務の経験が豊富な人は、1か月も経たずに内定が決まるケースも珍しくありません。特に、専門性が求められる分野の経験がある人や、一定期間管理職を務めた人などは、転職時に高評価を受けやすくなっています。また、前職での経験がそのまま役立つ外資系企業を探すことで、スムーズに内定を得ることが可能です。また、大手の外資系企業の中には、海外勤務の年数が長い人や有資格者の採用を強化しているところが多くあります。そのため、短期間のうちに内定を獲得するうえで、経験者採用に積極的な外資系企業の特徴を調べたり、早めに各企業で必要とされている人材について確認したりすることが大事です。